放射線と放射能

図解雑学‐絵と文章でわかりやすい!‐

お客様おすすめ度

☆☆☆☆☆

著者/訳者

安斎育郎/著

出版社名

ナツメ社 ナツメ社

発行年月

2007年02月

サイズ

223P 19cm

販売価格

1,350円 (税込1,458円)

取扱状況

絶版重版未定 取り扱い表記について

ラッピング

対象外

こちらの商品はセブン-イレブン、イトーヨーカドー受取りが出来ます。
宅配のみ 発送時期とお届けまでの日数について  宅配  セブン-イレブン受取り  イトーヨーカドー受取り
 
 

クチコむ

商品をフォローする商品をフォローする 友達にメールで教える友達にメールで教える

 

本の内容

放射線や放射能は有害なもの、と思っている人は多いはず。しかし、レントゲンやCTスキャンなど、人の命を守る医療の現場では、すでに、なくてはならないものになっているのも、厳然とした事実です。また、とかく恐ろしいもの、との認識はあっても、ではどんなところが恐ろしいのかは、あまりに知られていません。そこで本書は、放射線と放射能の違いだけでなく、人体に害を及ぼす理由、放射線の種類とその特性、被害から効果的に身を守る方法など、これだけは知っておきたいことを、豊富な図を使って丁寧に詳しく解説しました。

放射線がどのように発生するのか、「放射能」という言葉との意味の違い、放射線が人体に与える影響など文章と図版で解説する。

目次

第1章 原子と原子核
第2章 放射線
第3章 放射線の種類と特性
第4章 放射能
第5章 放射線の生物への影響
第6章 放射線・放射能と人類

ISBN

978-4-8163-4255-4

著者情報

安斎 育郎(アンザイ イクロウ)
立命館大学特命教授・名誉教授、同大学・国際平和ミュージアム館長。専門は平和学、放射線防護学。工学博士。国際平和博物館ネットワーク・諮問委員。南京国際平和研究所・名誉所長。ベトナム政府より「文化・情報事業功労者記章」受章。『語り伝えるヒロシマ・ナガサキ』(新日本出版社、第7回学校図書館出版賞)など多数。NHK人間講座や日本テレビの「世界一受けたい授業」などに出演。テレビ・ラジオ・新聞・雑誌などに放射能や核問題などのコメンテーターとして度々登場 

※本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです

みんなのクチコミ


  クチコミはまだありません。

新着クチコミ


  クチコミはまだありません。

この商品を取り扱っている専門店