花咲く丘

アルバ文庫

お客様おすすめ度

☆☆☆☆☆

著者/訳者

永井隆/著

出版社名

サンパウロ

発行年月

2008年02月

サイズ

330P 15cm

販売価格

820円 (税込886円)

ポイント

8ポイント *ポイントについて

取扱状況

在庫あり 取扱状況について

お届け予定日

 

 

× 閉じる

ラッピング

対象品

 

 

クチコむ

商品をフォローする商品をフォローする 友達にメールで教える友達にメールで教える

 

本の内容

浦上にはほかと異なる「静かな明るさ」がある。たび重なる荒廃にも、絶望、無関心、そして、放心ではなくて、明るい希望と新しい勇気で復興に立ち上がってゆく。その力の源は何なのか。被爆の体験を通して、その秘訣を涙と笑いの随筆に託して解明してくれる。

目次

原子病患者の手記
臨終
根もとから
祭壇の花
二十日大根
どん底に大地あり
鈴の音
風に乗って
なまず
贈り物〔ほか〕

ISBN

978-4-8056-7033-0

著者情報

永井 隆(ナガイ タカシ)
1908年2月3日、松江市の田野病院で生まれた。幼年時代を父の開業していた島根県飯石郡飯石村でおくり、小学校をそこで終え、県立松江中学に入学、1925年同校を卒業。ついで松江高等学校に入り理科を専攻、1928年同校を卒業して長崎医大に学ぶ。1932年に前後十八年間の学校生活を終えて新医学士として世に出たが、引きつづき長崎医大物理療法科に助手として籍をおき研究を続けた。1933年短期軍医として満州事変に従軍したが、この間慰問袋に入っていたカトリック要理を読んだ。翌1934年に帰還して浦上天主堂でカトリックの洗礼を受け、8月に結婚した。1937年同医大講師、1940年4月助教授、1944年4月医学博士の学位をとり、1946年1月教授となった。同年7月長崎駅頭で倒れ、以来病床につく。1949年12月長崎市名誉市民の称号をおくられた。1951年5月1日逝去 

※本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです

みんなのクチコミ


  クチコミはまだありません。

新着クチコミ


  クチコミはまだありません。

このカテゴリの本