メイド刑事(デカ) 4

GA文庫 は‐01‐04

お客様おすすめ度

☆☆☆☆☆

著者/訳者

早見裕司/著

出版社名

SBクリエイティブ ライトノベル研究会もっと見る…

発行年月

2007年03月

サイズ

321P 15cm

販売価格

600円 (税込648円)

ポイント

12ポイント ポイント2倍 (*7月31日 21時~10月1日 12時まで) *ポイントについて

取扱状況

在庫あり 取扱状況について

お届け予定日

 

 

× 閉じる

ラッピング

対象品

 

 

クチコむ

商品をフォローする商品をフォローする 友達にメールで教える友達にメールで教える

 

本の内容

意識を取り戻した葵の目の前には姉尾県警・神原警部補の死体が横たわっていた。そして彼女の手には血まみれの出刃包丁が…。「この社会で最も大事なものは“秩序”だ。弱い者、道を外れた者は、すなわち負け犬。そいつらを守る義務を、私は感じていない」葵の脳裏に、姉尾県警・桜木本部長の台詞が傲岸な響きとともに甦る。葵は、はめられたのだ!日本で最も犯罪発生率が低い奇跡の県、姉尾。だがその実体は、桜木が権力と恐怖で住民を縛り、不穏分子は『黄金の剣』と名乗る暗殺集団に排除させるという歪んだ独裁社会であった…。メイド刑事若槻葵、絶体絶命のピンチ。

ISBN

978-4-7973-4141-6

著者情報

早見 裕司(ハヤミ ユウジ)
ライターを経て88年「夏街道」で小説デビュー 

※本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです

みんなのクチコミ


  クチコミはまだありません。

新着クチコミ


  クチコミはまだありません。